ダイビング器材のオーバーホール手順


オーバーホールって?

ライン

オーバーホールとは機械製品を新品時の状態に戻す作業のことで
ほとんどのメーカーが1年に1回、もしくは100ダイブ使用(1年以内に)毎に
1回オーバーホールするように指定されています。
使っていない場合でもゴム製品は劣化します。
安全にダイビングを楽しむために定期的なメンテナンスは必要ですよ
とは言っても、実際器材のオーバーホールって一体何をしているの??
ここでは当店で行っている作業行程をご紹介いたします

ライン

@まずはお預かりしたレギュレータセットの初期状態をチェックします。
中圧の設定、フリーフロー、その他初期状態を最初に確認します。

初期状態チェック
ライン

Aファースト・セカンドステージを洗浄の為
パーツすべてを可能な限り分解します。

器材の分解
ライン

Bグリスなどの脂分と塩分は 特殊溶液ホスニン液を使い、
超音波洗浄機にて細部まで洗浄します

超音波洗浄
ライン

Cプラスチックパーツはブラシで流水洗浄、
超音波洗浄機にて細部まで洗浄します

ブラシ洗浄
ライン

Dエアーなどを使い、
すべてのパーツを乾燥させます

乾燥
ライン

Eホース類の付根部分も緑青が多いため、
超音波洗浄をし汚れを取り除きます

ホース類の超音波洗浄
ライン

Fひどい汚れやサビなどは手作業で
バフ、ルーターを使いで落とします

細かい汚れ取り
ライン

Gこのようなメーカー指定の新しい交換パーツ(Oリング、シート等)使用し
傷や劣化して使えなくなったパーツを交換します。

交換パーツ
ライン

H新しいパーツを入れ専用トルクレンチで
メーカー指定のトルク値で組み上げます

トルク管理
ライン

I組立後ファーストステージの
中圧値を規定値に調整し
セカンドステージ初動抵抗値を
メーカー規定値に調整します

組立後ファースト・セカンド調整
ライン

Jファーストステージの圧力調整

圧力調整
ライン

K実際にレギュを呼吸し
吸気抵抗の調整をします

吸気抵抗調整
ライン

L1st、2ndの調整後自動パージ機を使い
30分間の呼吸テストをし
新しい高圧シートをなじませます

調整後30分間の呼吸テスト
ライン

Mテスト終了後、水槽にレギュ本体を入れ
各部分からのエア漏れが無いかを
リークテストをします

テスト終了後エア漏れテスト
ライン

当社ではこのような沢山の専用工具で、
どのメーカーでも取扱いできるようにしております
気になることなどありましたらいつでもご連絡ください

使用している工具

●オーバーホール時にお預かりする器材
点検、修理に出すダイビング器材をショップにお持ち下さい。
点検する器材以外はお預かり出来ませんので、予め取外しておいて下さい。


●ホースは点検まで、オーバーホールはしてません
交換されてない方は破裂などのトラブルにはご注意下さい
保障期間は3ヶ月となりますが、ホース類の保証については新品交換のホース以外は適用外です。
その理由として、ホースに関しては内部までの細かい検査が不可能だからです。

●オーバーホール後、1ケ月以内に不調が生じた場合は無償で再点検させていただきます。
ただし、お客さまのお取り扱い方法によっては対応できない場合がございます。

オーバーホール、ダイコンバッテリー交換


各種、詳しくはこちらからどうぞ


オーバーホール料金

コンピューター電池交換

ドライスーツ修理、オーバーホール

マスク曇止め加工

メール

ページトップへ

TOPページ

始めようダイビング

続けようダイビング

ツアー情報

ツアーレポート

なんでも聞いて掲示板

店舗情報、スタッフ紹介

LINK

ダイビングショップベビーシャークは
愛知県、豊田市、刈谷市で
元気に営業をしています。


ベビーシャーク豊田

ベビーシャーク豊田店
〒471-0026 愛知県豊田市若宮町6-3-6
/fax0565-31-9997


ベビーシャーク刈谷

ベビーシャーク刈谷店
〒448-0028 愛知県刈谷市桜町4-7
/fax0566-24-6264



■ 下のメニューボックスからご自宅から一番近い
  ベビーシャークを探せます。

名古屋市内、近辺から最寄りのお店は??

三河地区から最寄りのお店は??

他の地区から最寄のお店は??